こんなことを感じていませんか


1.患者に対して、薬剤処方をするのに毎回薬辞典を細かく確認・検索しているので
  手間がかかる
2.薬剤の問屋との薬剤購入交渉に苦労している
3.患者に提供する薬剤情報提供書をエクセル手入力で作成しているので手間がかかる
4.医療報酬も年々下がっているので、なんとか請求点数を効率よく調整したい
5.毎回同じ処方をする慢性疾患に対して、請求点数を調整したい

そんな現場のお悩みを解決できるパッケージです。

請求点数を調整する手段として 「薬剤処方時に組み合わせ、量をドクターの裁量範囲内で変更することで、薬価の合計(小計)から算出される請求点数を調整できる場合がある」、 組合せ計算を効率よくシステムで行います

本パッケージの機能・メリット